教育新聞社がお届けする「らくらく学校検索」「オープンキャンパス情報」/夢への第一歩、大学・短期大学・専門学校等への進学をサポート。

希望分野と地域からあなたにピッタリの学校の資料をゲット。
学校案内だけでは見えてこない、新たな発見があるかも知れません。

新着情報一覧

産学連携による授業「卒業式袴展示会」
展示会に向けて夜間部ブライダル科2年生が事前準備に取り組んでいます

By 専門学校日本ホテルスクール on 2017年09月08日
専門学校日本ホテルスクールでは、夜間部ブライダル科2年生による産学連携の授業「卒業式袴展示会」を9月13日から15日の3日間で実施します。
これは協賛企業である衣裳系企業と連携し、学生主体で2年生が卒業式で着用する和装の展示会を学校内で行うという産学連携の取り組みです。

卒業式袴展示会の実施にあたり、5月から7月にかけて各チーム(3社)に分かれて、売り上げ目標の設定から集客方法などの戦略会議を行い、各チームが展示会に向けて計画を立てました。
実際に商品として扱う袴については、実際に試着をして体験をするとともに、ハクビ京都きもの学院から先生にお越しいただき、お客さまに似合う着物や袴の色味の提案の方法や接客の仕方などを学びました。
また、衣裳系企業である株式会社マイム様、株式会社曽我様、ワタベウエディング株式会社様3社の協力のもと、校内で事前ミーティングを実施し、それぞれの企業の商品、袴のセットプラン内容について説明いただくとともに、袴の着付け方からアドバイスの仕方など第一線で活躍される方から接客方法なども学びました。

大学や専門学校では衣装会社の担当者が学校に来校し卒業式に着る袴の展示会を行います。
専門学校日本ホテルスクールでは、産学連携による授業として「卒業式袴展示会」の運営・接客を学生が主体となって行い、現実的なマネジメントを学ぶ機会になります。


2017年4月開設予定の学部・学科入試情報
(東日本地区の主要大学)

By 教育新聞社 on 2016年12月28日
※大学名のカッコ内は開設予定の学部・学科の所在地

■仙台大学(柴田郡柴田町)
体育学部 子ども運動教育学科(増設)
●入試情報
http://www.sendaidaigaku.jp/nyugaku/nittei.html

■東北学院大学(仙台市)
工学部 電気電子工学科(名称変更)
工学部 情報基盤工学科(増設)
●入試情報
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/admission/admissions/

■国際医療福祉大学(千葉県成田市)
医学部 医学科(新設)
●入試情報
http://www.iuhw.ac.jp/admission/outline/download_m.html

■開智国際大学(千葉県柏市)
教育学部 教育学科 初等教育専攻(新設)
教育学部 教育学科 中等教育専攻(新設)
国際教養学部 国際教養学科(新設)
●入試情報
http://www.kaichi.ac.jp/exam/info/

■秀明大学(千葉県八千代市)
看護学部 看護学科(新設)
●入試情報
http://www.shumei-u.ac.jp/admission/outline.html

■中央学院大学(千葉県我孫子市)
現代教養学部 現代教養学科(新設)
●入試情報
http://www.cgu.ac.jp/exam/guideline/tabid/1788/Default.aspx

■東京情報大学(千葉県千葉市)
看護学部 看護学科(新設)
●入試情報
http://www.tuis.ac.jp/entrance/gakubu_nursing/

■明星大学(東京都日野市)
心理学部 心理学科(新設)
●入試情報
http://www.meisei-u.ac.jp/admission/outline/

■関東学院大学(神奈川県横浜市)
法学部 地域創生学科(増設)
経営学部 経営学科(改組)
●入試情報
http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/admissions/search/

■松蔭大学(神奈川県厚木市)
コミュニケーション文化学部 子ども学科(増設)
●入試情報
http://www.shoin-u.ac.jp/univ/exam/opencampus/

■新潟医療福祉大学(新潟県新潟市)
医療技術学部 救急救命学科(増設)
●入試情報
http://www.nuhw.ac.jp/admissions/

■松本大学(長野県松本市)
教育学部 学校教育学科(新設)
●入試情報
http://www.matsumoto-u.ac.jp/admission-guidelines/university/


入学後初の現場研修
「ステイマナー宿泊研修」

By 専門学校日本ホテルスクール on 2016年07月06日
昼・夜間部1年生の学生が、ホテルスタッフ指導のもと基礎技術を学ぶ

専門学校日本ホテルスクールは、昼・夜間部1年生を対象とした「ステイマナー宿泊研修」を6月6日(月)~10日(金)の期間に実施しました。
この研修は、昼間部で2泊3日、また夜間部で1泊2日の日程で学生自らがホテルで宿泊しながら、現場で活躍しているホテルスタッフからサービス実務を学びます。
このステイマナー宿泊研修は入学してから2か月間の授業などを通してホテル・ブライダル・レストランの仕事に対するイメージを感じ始めている時期に実施します。

先ず利用客の立場でホテルを利用し、施設の雰囲気を体験すると同時にホテルスタッフの立場で業務手順の実際や臨場感を体験し、現実的なホテル・レストラン、そしてブライダルの仕事・職業観を育成することを目的としています。
今年度、昼間部は「横浜ベイホテル東急」、夜間部は「ホテルマウント富士」「ハイランドリゾートホテル&スパ」にて実施しました。
学生は現場のプロのサービスを受けながら食事やパーティを体験するとともに、学生自身が役柄を演じる本番さながらの模擬結婚披露宴、客室におけるベッドメイキング、テーブルセッティングに至るまで「ホテル」を利用客とスタッフ双方の視点から実感します。

このステイマナー宿泊研修は入学後初めてのホテル・ブライダル実習を目前に控え、ホテルの現場の理解をより深めることも意図しています。
ホテルの副総支配人が将来ホスピタリティ産業を担う学生に対してメッセージを送った後、宿泊チェック・イン・デモンストレーションを体験しました。
そしてステイマナー宿泊研修の期間中、学生らは、実際の宴会場で宴会用のテーブルセッティング、料理を持って持ち回りサービスなど、スタッフの立場で研修を受けました。料飲サービスのみならず、客室のベッドメイキング、そして宴会場における模擬挙式・披露宴も行われ、ホテルスタッフとゲストの両面の立場での体験を通じて、ホテルやホテルにおける婚礼部門の理解を深めました。

ステイマナー宿泊研修後、昼間部の学生は7月下旬よりホテル・ブライダル企業が始まります。
ホテル・ブライダル実習を目前に控える学生にとって、良い刺激となり今後の目標を再確認する時間になったことでしょう。


2017年3月卒業予定者
ホテル・ブライダル就職内定 続々決定

By 専門学校日本ホテルスクール on 2016年06月08日
企業の方々が人材を求めて来校、校内で数多くの会社説明会を実施

専門学校日本ホテルスクールでは、1年次の前期より就職活動に向けた指導を継続的に実施しています。
ホテル・ブライダル業界の人事担当者が来校し、校内企業説明会および校内選考を実施しています。学生たちは企業研究を行った上で説明会に参加し、選考試験に臨んでいます。今年度については校内企業説明会も例年より早いペースで実施され、3月末時点で30社の校内説明会を実施しました。これは偏に本校の学生に大きな期待と信頼をいただいているに他なりません。

今年の就職活動は短期決戦化し、2年次の4月から、早くもホテル・ブライダル企業に多くの学生が続々と内定が決定し、5月末時点で内定者が200名を超えました。
これは開校以来の早さと人数です。
内定先の企業としては帝国ホテル 東京5名、横浜ベイホテル東急8名、コンラッド東京5名、マンダリン オリエンタル 東京5名、明治記念館4名、株式会社ノバレーゼ4名、株式会社エスクリ3名、八芳園1名、シャングリ・ラ ホテル東京4名、パレスホテル東京13名、グランド ハイアット 東京9名、株式会社プリンスホテル24名のほか、株式会社ミリアルリゾートホテルズ5名など都内の有名ホテルやブライダル企業を中心に内定を頂いています。

このほか、クラス担任制によるきめ細やかな進路指導、進路指導専任職員による個別指導も行っています。そして、学校独自のインターネットを使用した就職支援システム「J-Net」で企業情報検索、求人検索、会社説明会エントリーなどの機能を提供し学生を全面的に支援しています。「J-Net」はパソコンやスマートフォンから、いつでもどこからでも必要な情報を閲覧することができます。このような支援のもと、今後も校内企業説明会を継続して実施するなど、就職希望者全員内定を目指して取り組んで参ります。


学生自身が企画し提案、模擬的にレストランを運営
「レストランマネジメント」1年間の総まとめとしての課題発表会

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年12月22日
専門学校日本ホテルスクールの昼間部2年生ホテル科・英語専攻科のレストランマネジメントの授業において、1年間の総まとめとしての課題発表会を行いました。
レストランマネジメントはレストランビジネスの基本を理解し、業界の現状、経営の問題や課題、レストラン開業までのマネジメント、開業からのマネジメントなどを学びます。
近年、お客さまのニーズは多様化し、価値観も異なる中で、レストラン業界を取り巻く環境は複雑になりつつあります。
一方でレストランサービスを担当するスタッフ、そして管理者の役割や責務に関するマネジメント能力はますます求められています。
このような環境のもと、レストランマネジメントは授業を通してレストランを運営するための知識やスキルを習得することを目的としています。

今年度、レストランマネジメントの総まとめとしてレストランパーティの企画の提案、そして運営するという課題を発表する期間を設定し、12月16日(水)・17日(木)に予選、18日(金)に決勝の発表会を行いました。
これまで課題発表会にあたり、各クラスで3チームを構成しレストランパーティーの内容に関する企画案を発表しました。
企画案は、チームごとにパーティーのコンセプトを設定し、テーマに合った提供する料理の内容やサービス形式・方法などを検討します。
課題ではパーティーの予算も設定され、思いつきだけではなく現実的に再現することが求められました。
発表をもとに選ばれた各クラス2チームが予選に進出します。

予選当日は各チームが検討した企画案をもとに、パーティーを運営するために準備します。
チーム内のメンバーは、社長、料理長、サービス担当、設営担当、経理などの役割を担い、それぞれがすべきことを助け合いながら時間内に遂行します。

予選同様に、決勝にも業界関連企業の方々をお招きし、担任を含めた教職員とともにテーマであるブライダルパーティーに出席いただきました。
決勝には昼間部ホテル科の2Eクラス「feuillage(フィヤージュ)」と2Cクラス「La Seed(ラシード)」が進出し、企画案を実演しました。
「feuillage(フィヤージュ)」のパーティーコンセプトは「和とフレンチの異融合」。
フランス出身の留学生の学生と一緒にアイディアを共有し、企画案を考えました。
提供する料理のみならず、内装も日本の「和」とフランスの特長を取り入れた内容で展開していました。
一方で「La Seed(ラシード)」は「森と音楽のシンフォニー。
五感を潤す至極のひと時」をコンセプトにパーティーを展開しました。
“森の音楽隊”“五感を愉しむ”“癒し”というコンセプトをもとにお客さまに、料理とともに至福のひと時を提供しました。

レストランマネジメントの課題発表会の場で実際にレストランパーティーを企画・運営することでレストランを運営するために必要な考え方を改めて理解する機会になったようです。
また同時に、課題を通してクラスの仲間とのチームワークやコミュニケーションの大切さを共有することもできました。
来年3月には卒業を控え、4月からは社会人としてそれぞれの道に進みます。
パーティーに出席した教職員は「入学直後のときと比較すると学生のサービス力やに成長を感じた」と評価するとともに「今回経験したことをいろいろな場面で活かして欲しい」とエールを送っていました。


無形文化遺産「和食」への興味関心を喚起する「和食体験」
昼・夜間部1年生学校行事「和食体験&ホテル見学」を実施

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年12月16日
専門学校日本ホテルスクールの1年生昼間部ABCクラス「和食体験&ホテル見学」を12月2日(水)に行いました。
この学校行事「和食体験&ホテル見学」は、実際のホテル内和食店舗で会席料理を体験することによって和食を身近に感じ、和食に関心を持つことと、そして客観的にホテルを見学することにより将来の進路を考えるとともに、就職観を養うことを目的としています。

2013年に「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録決定され、「和食」をはじめとした日本の食文化が注目されています。
日本の食文化を次世代へ継承するための活動が展開される中、本校でも2012年度から新たに昼・夜間部1年次に学校行事として「和食体験」を組み入れ、日本文化や和食への興味関心の喚起を促し、日本の食文化の理解を深めています。

1年生昼間部Aクラス(ブライダル科49名)は、学生にも人気の舞浜エリアに位置する東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートで「和食体験&ホテル見学」を実施しました。
ホテル内の日本料理「行庵」で調理長からの「自慢の献立」説明、そして先付けから始まって水菓子まで一品一品をゆっくり味わって和食を体験しました。日本料理は一品一品の食事のみならず「季節」「色彩」「うつわ」も同時に愉しむものです。
会食中には、本校の卒業生である倉昌広さん(夜間部ホテル科2013年卒業/藤花学園尾山台高校/埼玉学園大学出身)と児玉有里さん(昼間部ブライダル科2015年卒業/東京都立小岩高校出身)が後輩たちのために挨拶に来てくれました。

会食後の施設見学では普段は見ることができない場所をホテルスタッフの方々の細かい説明を聞きながらの見学することができ、学生にとって充実した一日になりました。解散後も、舞浜エリアのホテルをグループごとに見学する学生らも見られました。

なお、10月14日(水)には、夜間部1年生(ホテル科・ブライダル科・国際ホテルマネジメント専科)が実施し、2016年2月17日(水)には、昼間部1年DEFL(ホテル科・英語専攻科・ブライダル科)が「和食体験&ホテル見学」を実施する予定です。


全国トリミング・家庭犬訓練競技会/
デザインカットコンテストで
中央動物専門学校が団体優勝

By 中央動物専門学校 on 2015年12月04日
第12回全国トリミング・家庭犬訓練競技会/デザインカットコンテストが10月30日(金)東京武道館にて開催され団体部門で中央動物専門学校(東京都北区・坂本 敏校長)が団体優勝しました。
中央動物専門学校 http://www.chuo-a.ac.jp/


ヤング・スコール・クラブ・ジャパン
発足により「特別功績賞」を受賞
スコール・クラブ世界大会2015
スペインにて

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年11月26日
専門学校日本ホテルスクールはスペイン、トリモリノス(=スコール本部所在地)のホテル・コスタ・デル・ソルにおいて開催されたスコール・クラブ世界大会2015で、本校のヤング・スコール・クラブに関連し「特別功績賞」を受賞しました。
今年の6月にフィリピン・マニラで開催されたスコール・アジア大会で「アジア地区ベスト・ヤング・スコール・クラブ2015」も受賞し、今年度は二度の栄誉を得ました。

これらの受賞は、専門学校日本ホテルスクールが英語専攻科の学生77名をヤング・スコールとして会員登録したことが評価されたものです。現在約35か国に700名のヤング・スコールが登録されていますが、スコール・クラブ・オブ・東京所属の専門学校日本ホテルスクールの学生77名は、全体の10%強の最多を占め、クラブ単位では、アジアで第一位、世界でも第一位となることから、これらの賞を受賞しました。

スコール・クラブは,1934年パリで結成され、観光業界幹部のネットワーク形成をめざし、世界89か国約400クラブ約17,000人の観光業界幹部を会員とする観光業界で世界最大の民間の国際組織です。
今回の世界大会は10月28日(水)から11月1日(日)に、スペイン、トリモリノスのホテル・コスタ・デル・ソルにおいて開催され、約60か国から300人が出席し、スコール日本会長でもある石塚勉校長が参加しました。

今後、スコール・クラブ会員との交流を促進すると共に、大きなイベントとして海外研修旅行の機会に、1年生はフィピンのマニラで、2年生はイタリアのローマで、各国のスコールメンバーとの交流を図ります。
専門学校日本ホテルスクールの、教育理念のひとつである「国際的視野に立脚した人間の育成」のもと、在学中の2年間に海外研修旅行が行われています。国際的な感覚を身につけること、海外のホテル事情を学ぶことを目的に実施しています。
海外研修旅行を通じて、日本のホテルとの違い、各国の文化、歴史、生活習慣、ホテル事情を体験することでグローバルな視点、考え方を養います。
国内外の業界人との交流により、グローバルな人材への成長を期待しています。

Young Skal Club Japan(YSCJ)とは
次世代を担う人材育成、会員増を目的として18歳から35歳の学生および業界人を対象に、国際的な観光業界の世界最大の組織であるスコール・インターナショナルに「ヤング・スコール・クラブ」が新しいカテゴリーとして作られる。
世界各地のクラブがヤング・スコール・クラブを促進するのを機に、本校の英語専攻科の学生を中心として2015年7月に「ヤング・スコールクラブ・ジャパン」を発足。


ホテル総支配人、企業トップの方を迎え、第24回弁論大会を開催

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年11月19日
専門学校日本ホテルスクールは、第24回弁論大会を11月11日(水)、なかのZEROホールで開催しました。
全校在校生約900名、ホテル総支配人の方々などのゲスト審査員13名、内部審査員2名、教職員31名、計約950名の聴衆を前に、総勢26名が参加した予選を通過した日本語部門5名、英語部門5名、計10名の弁士が熱弁を振るいました。

弁論大会は「表現力、語学力の向上」「同世代間の考え方・価値観の共有」などを目的として開始され、今回で24回目を迎えました。本大会は、学内レベルの大会としては類を見ない規模で、外資系ホテル総支配人や業界企業トップの方などゲスト審査員13名を迎えて実施されました。

日本語部門最優秀賞は、夜間部ホテル科2年渡邊里佳さん(神奈川県立弥栄高校出身)の「全ては“誰か”のために~コーヒーという共通言語を使って~」、優秀賞は夜間部ブライダル科2年鈴木千佳さん(茨城県立鹿島高校出身)の「『思い』を『遣る』ことで生まれるもの」。英語部門最優秀賞は、昼間部英語専攻科2年上野千晴さん(埼玉県立浦和東高校出身)の「New Practical Guidance for Refugee(ホテル業界からの新たな難民支援)」、優秀賞は夜間部ホテル科2年齋藤愛美さん(千葉県立八千代高校出身)の「Beyond the Service(『サービスを越えて』)」が選ばれました。

日本語部門最優秀賞受賞者には、石塚校長よりヒルトン東京ベイ朝食付ペア宿泊券とペアランチ券、英語部門最優秀賞受賞者にはアマン東京総支配人ジェフリースワード様よりアマン東京朝食付ペア宿泊券とランチ券が副賞で贈られました。
英語部門最優秀賞受賞の上野さんには、スコール インターナショナル アジア地区のジェリー・ペレ前会長よりヤング・スコール・クラブ会員としての現地スコール・クラブやヤング・スコール・クラブ会員との交流を目的としたグアムへの招待の副賞も送られました。
また、両部門優秀賞受賞者には、パーク ハイアット 東京副総支配人マーク デ リューヴァーク様よりペアランチ券が副賞で贈られました。今回の弁論大会では、弁士8名が特別賞を受賞し、協賛いただきました企業の方々から副賞が贈られました。

審査結果発表、表彰式の後、ゲスト審査員としてご出席いただきましたアンダーズ東京総支配人アルノー・ドサン=テグジュペリ様、株式会社MTJ-ホスピタリティ代表取締役田中勝様よりホテル、ブライダル業界での活躍をめざす弁士、そして在校生に総評とともにメッセージをいただきました。

専門学校日本ホテルスクールは1972年開校以来、11,000名以上の卒業生を輩出してきました。
ホテル・ブライダル分野における人材育成において、ホテル単科の専門学校としては、日本で最大級、日本を代表する教育機関の一つとして、完全就職や希望の進路実現に向け、蓄積したノウハウを注いで学生を支援しております。
24回目を迎えた弁論大会は、国際化の時代に向けて、これまでと同様、外資系ホテルの総支配人や業界企業のトップの方々をゲスト審査員として迎え、産学連携のもとで行われた学校行事の一つです。


英語専攻科2年生によるボランティア活動
世界中のコンシェルジュが集まる「レ・クレドール アジアンコングレス」にて

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年09月18日
専門学校日本ホテルスクールの昼間部英語専攻科2年生の学生28名が「第9回 レ・クレドール アジアンコングレス」開催中の8月24日(月)~26日(水)にボランティアスタッフとして活動しました。

アジアンコングレスとは2年に一度、世界中のコンシェルジュがアジアに一堂に集まり、お互いの親交を深め、情報を共有や交換、勉強会などを実施する集いです。今年で9回目を迎える「レ・クレドール アジアンコングレス」は初めて東京で行われました。
開催国である日本のレ・クレドール・ジャパンおよびコンシェルジュ協会のメンバーが中心となり、世界各国の約150名のコンシェルジュを「おもてなし」しました。

本校の学生が実施したボランティア内容は成田空港でのお出迎え、ホテル内でのホスピタリティデスク(案内所)や六本木ヒルズでのご案内、そしてバス移動時での観光案内などです。学生たちは、一流のコンシェルジュ達のお手伝いということで非常に緊張をしていましたが、時間が経つにつれ緊張がほぐれ、会話を楽しむような場面も見受けられました。
ボランティア活動を通して素晴らしい経験を積むことができ、この経験をもとに、学生自身のめざすべき目標などがしっかりできたのではないでしょうか。

「レ・クレドール」とは、1929年にパリの11人のホテルコンシェルジュによって発足されたホテルコンシェルジュのネットワーク組織です。現在、44の国と地域、約3,500名(2013年4月現在)の会員により構成されています。
レ・クレドールに入会するには正会員からの推薦・面接を通過する必要があり、日本支部である「レ・クレドール・ジャパン」には現在2名の名誉会員、25名の正会員が在籍しています。


ホテル・ブライダル・レストラン業界をめざす高校生197名が全国から集まる!!!
毎年恒例のサマースクールを7月・8月に実施

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年08月28日
専門学校日本ホテルスクールは、入学希望者を対象とした夏のイベント「サマースクール」を7月27日(月)から29日(水)、8月12日(水)から14日(金)の2回、日本ホテルスクールにて開催しました。

サマースクールは、毎年日本全国から、ホテル・ブライダル・レストラン業界をめざす仲間が集い、3日間連続で体験授業を受ける毎年大好評のイベントです。
今年度のサマースクールは青森県や秋田県などの東北地方、静岡県、愛知県などの中部地方、さらには徳島県の四国地方など日本全国から業界をめざす高校生197名が全国から集まりました。
それぞれの業界をめざす仲間同士、すぐに打ち解け、授業に励む様子が印象的でした。
1日目、2日目は、学校で、ホテル宿泊部門の仕事、レストランサービス、結婚披露宴体験、カラーコーディネート、ホテル英会話、プロトコール~接遇の基本、ビジネスマナー講座など日本ホテルスクールならではの授業を体験しました。

3日目は、ハイアット リージェンシー 東京(東京都新宿区)でホテルスタッフの方々の協力のもと、宿泊、宴会、料飲などのコースにわかれて仕事を体験しました。
実際のカートなどを使用しベルスタッフ、ドアマンの仕事の理解、ベッドを使用したベットメイキング体験をする「ホテルコース」、披露宴テーブルコーディネート&マナー体験、衣裳室や美容サロンの見学をする「ブライダルコース」、ホテルのバーを使用してノンアルコールカクテルをつくる 「バーテンダーコース」にわかれて現場で活躍されているスタッフの方から直に仕事内容を学びました。また、ホテル内のチャペルを利用して模擬挙式も行い、参加者の高校生の皆さんからは「とても幸せな気分になりました」「結婚って素敵だと改めて思いました」「ブライダルの仕事に対する意識が高まりました」などの感想を述べていました。
その後、サマースクール修了式&パーティーを行い参加者全員に修了証を手渡し3日間のプログラムを終えました。

専門学校日本ホテルスクールの特長として、日本全国からホテル・ブライダル業界をめざす人が入学していることが挙げられます。在籍者1,021名(2015年4月期首)のうち、32%の学生は東京、埼玉、神奈川、千葉の一都三県を除く地域から入学しています。
また、日本ホテルスクールは東京の中心である新宿エリアに位置しています。国内外から多くの人々が訪れる東京は、世界でも最高峰のホテルが揃うホテルビジネスの中心地でもあります。一流ホテリエたちも数多く活躍しており、さまざまなホテルを身近に感じ、業界を学ぶためのフィールドも整っています。


日本で初めてヤング・スコールクラブ・ジャパンを結成
初回学生会員77名、業界関係者約50名を招き、帝国ホテルで発足式

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年07月17日
専門学校日本ホテルスクールは、ヤング・スコールクラブ・ジャパンを結成し、学生77名を会員とし、スコールクラブ・オブ・東京会員、観光業界関係者、その他学校関係者など約130名を招き、7月4日(土)に帝国ホテル 東京「富士の間」にて発足式を開催しました。帝国ホテル東京は、50年前の「スコールクラブ・オブ・東京」発祥の地であることから、その伝統にちなみ同ホテルを会場として開催しました。

スコール・インターナショナルは、80カ国に400クラブ、17,000人の会員を有する国際的組織で、観光業界に関係する経営者・幹部を主な会員とています。
国、地域、世界ごとに会合が開催され、グローバルなネットワーキングを推進する観光業界では世界最大の組織です。今回、次世代を担う人材育成、会員増を目的として18歳か35歳の学生および業界人を対象に「ヤング・スコールクラブ」が新しいカテゴリーとして作られました。世界各地のクラブがヤング・スコールクラブを促進するのを機に、本校の英語専攻科の学生を中心として「ヤング・スコールクラブ・ジャパン」を立ち上げました。国際化教育の一環として、80%以上の授業を英語で行う英語専攻科の1年生、および2年生77名全員がメンバーとなっての船出です。
この数は、国別で世界第二位、クラブ単体では、ヤング・スコールクラブ・オブ・東京が世界第一位となります。

日本ホテルスクールは1,021名(2015年4月期首)の学生を有する日本最大のホテル学校です。学生の国際的視野を拡大するため、語学教育をはじめ、在学中2年間に2回の全員参加の海外研修旅行、カナダまたはオーストラリアの1年間(実質10か月)の海外留学制度、英語弁論大会、日英対訳教材の開発使用、英語で授業を行う学科の設置などの取り組みをしています。
今回、在学中に具体的な業界人との交流や海外との交流を促進するため、英語で授業を行う英語専攻科の学生を中心にヤング・スコールクラブを結成しました。

発足式では、アトラクションとして、東京打撃団による日本伝統芸能の和太鼓演奏、ご来賓の紹介、スコールクラブ・ジャパン会長でもある本校石塚勉校長の主催者挨拶に続いて、スコール本部サリー・シーン会長、スコール・アジア地区マルコ・バティストッティ会長からのビデオメッセージ披露、日本政府観光局小堀守理事、スコール・アジア地区ジェリー・ペレ前会長、スコールクラブ・オブ・東京デイビット・スペンス会長からのご祝辞を頂戴し、初代会長に任命された英語専攻科2年生の阿部万紗未さんに入会承認証とバッジが渡されました。
懇親会を兼ねた昼食会では、スコール伝統の乾杯で祝杯し、それぞれのテーブルを中心に相互交流を図りました。

発足初年度は、スコールクラブ会員との交流を促進すると共に、大きなイベントとして海外研修旅行の機会に、1年生はフィピンのマニラで、2年生はイタリアのローマで、スコールメンバーとの交流を図る予定です。内外の業界人との交流により、グローバルな人材への成長を期待しています。


第15回全国高校生☆童話大賞今年も始まる
今年も全国の高校生から多くの応募が期待される

By 富士大学 on 2015年07月16日
日本を代表する童話作家、「雨ニモマケズ風ニモマケズ…」の宮沢賢治の生誕地として知られる花巻市。賢治を生んだ花巻に新たな創造力を育てたいという思いから、富士大学と花巻市、花巻市教育委員会の主催で高校生を対象にしたイベント「全国高校生☆童話大賞」を開催しています。

受付期間は6月1日(月曜日)から9月15日(月曜日)まで。
応募日程など主な実施要項は下記の通り。
■受付期間
2015年年6月1日(月)~9月15日(火)(当日消印有効)
■応募資格
現役高校生であること。
■応募方法
400字詰め縦書き原稿用紙5枚以上20枚以下。
テーマは自由。
応募作品数に制限はない。
☆日本語で書かれた未発表の作品とする。
☆eメールでの応募は不可。紙媒体で送付のこと。
☆所定の応募用紙(A4)に、必要事項(住所・氏名・性別・高校名・学年・高校所在地)を明記のこと。
☆ひとりで何点でも応募可。
個人情報については、童話大賞以外の用途には使用しない。
■ 審査発表
2015年11月27日(金)
※入賞者については、本人宛通知。ならびに公式サイト上に作品・高校名・氏名を掲載。
■作品の宛先
〒025-8501 岩手県花巻市下根子450-3 富士大学内
全国高校生童話大賞実行委員会事務局
応募作品の返却はしない。
詳しくは童話大賞公式サイトをご覧ください。
http://www.koukousei-douwa.jp/



2016年 春
千葉経済大学短期大学部新校舎誕生
キャンパスが変わります

By 千葉経済大学短期大学部 on 2015年07月10日
千葉経済大学校地に短期大学部新校舎が誕生(予定)
大学と一体化した新しいキャンパスを建設中、2016年春から稼働予定!
詳細は
http://www.chiba-kc.ac.jp/news/2015-0325-1319-6.html


2016年3月卒業予定者
ホテル・ブライダル就職内定 続々決定

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年07月06日
専門学校日本ホテルスクールは、1年次の前期より就職活動に向けた指導を継続的に実施しています。年明け1月より学生たちは企業研究を行った上で会社説明会に参加し、選考試験に臨んでいます。

2年次の4月からは早くもホテル・ブライダル・レストラン・一般企業に多くの学生が続々と内定が決定し、6月末時点で就職を希望する約46%の学生が内定を獲得しています。

学校にホテル・ブライダル・レストラン業界の人事担当者が来校し、校内企業説明会を実施しています。これは偏に学生に大きな期待と信頼をいただいているに他なりません。
6月までに校内企業説明会を実施した企業は44社に達し、企業によっては説明会のみならず選考試験(面接や筆記)も校内で実施することもあります。

このほか、クラス担任制によるきめ細やかな進路指導、進路指導専任職員による個別指導も行っています。
そして、学校独自のインターネットを使用した就職支援システム「J-Net」で企業情報検索、求人検索、会社説明会エントリーなどの機能を提供し学生を全面的に支援しています。
「J-Net」はパソコンやスマートフォンから、いつでもどこからでも必要な情報を閲覧することができます。
このような支援のもと、今年度も就職希望者全員内定を目指して取り組んで参ります。


入学後初の現場研修
「ステイマナー宿泊研修」

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年06月23日
昼・夜間部1年生の学生が、
ホテルスタッフ指導のもと基礎技術を学ぶ

専門学校日本ホテルスクールは、昼・夜間部1年生を対象とした「ステイマナー宿泊研修」を6月10日(水)~12日(金)の期間に実施しました。この研修は、昼間部で2泊3日、また夜間部で1泊2日の日程で学生自らがホテルで宿泊しながら、現場で活躍しているホテルスタッフからサービス実務を学びます。
このステイマナー宿泊研修は入学してから2か月間の授業などを通してホテル・ブライダル・レストランの仕事に対するイメージを感じ始めている時期に実施し、利用客の立場でホテルを利用し、施設の雰囲気を感じるとともに、ホテルスタッフの立場で業務手順の実際や臨場感を体験し、現実的なホテル・レストラン、そしてブライダルの仕事・職業観を育成することを目的としています。

今年度、昼間部は横浜ベイホテル東急、夜間部はホテルマウント富士、ハイランドリゾートホテル&スパにて実施しました。
学生は現場のプロのサービスを受けながら食事やパーティを体験するとともに、学生自身が役柄を演じる本番さながらの模擬結婚披露宴、客室におけるベッドメイキング、テーブルセッティングに至るまで「ホテル」を利用客とスタッフ双方の視点から実感します。
このステイマナー宿泊研修はホテル・ブライダル実習を目前に控え、ホテルの現場の理解をより深めることも目的としています。 昼間部の会場となった横浜ベイホテル東急 宴会場 ホテルの総支配人から将来ホスピタリティ産業を担う学生に対してメッセージを送った後、学生らは、実際の宴会場で宴会用のテーブルセッティング、料理を持って持ち回りサービスなど、スタッフの立場で研修を受けました。
料飲サービスのみならず、客室のベッドメイキング、宿泊チェック・インデモンストレーション、そして宴会場における模擬挙式・披露宴も行われ、ホテルスタッフとゲストの両面の立場での体験を通じて、ホテルの理解を深めました。

ホテルのスタッフの方々からプロの技術を学ぶ ステイマナー宿泊研修後、昼間部の学生は7月下旬よりホテル・ブライダル企業が始まります。
ホテル・ブライダル実習を目前に控える学生にとって、良い刺激となり今後の目標を再確認する時間になったことでしょう。


第44回スコール・クラブ・アジア大会
マニラで開催

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年06月12日
アジア地区 ベスト ヤング・スコール・クラブ賞を受賞

第44回スコール・クラブ・アジア大会(44th Skal Asia Congress 2015 Manila)が6月4日(木)~7日(日)、フィリピン・マニラ市のソレアーリゾート&カジノで開催され、専門学校日本ホテルスクール石塚勉校長をはじめ、オーストラリア、バーレン、香港、アメリカ、インド、インドネシア、イスラエル、日本、韓国、マレーシア、モーリシャス、ミャンマー、シンガポール、スリランカ、台湾、タイの16か国から51名、フィリピンのマニラクラブ、およびマカティクラブ会員59名、合計110名が参加しました。

今大会では、総会、役員選挙、講演会、各国スコール・クラブ会長情報交換会、市内見学会、ガレディナなどが行われ、会員相互の交流が促進されました。最後に各功労者に対しての表彰が行われ、スコール・クラブオブ東京の傘下で、専門学校日本ホテルスクールの学生77名が初回会員となって発足したヤング・スコール・クラブ・ジャパン(略称=YSCJ)が、アジア地区 ベスト ヤング・スコール・クラブ賞を受賞しました。
石塚勉校長がスコール・クラブジャパン会長(2014~2016)も兼務していることもあり、スコール・アジア大会2015マニラへ出席の折、スコール・クラブオブ東京を代表して受賞しました。

スコール・クラブは、1934年パリで結成され、観光業界幹部のネットワーク形成をめざし、世界89か国約400クラブ約17,000人の観光業界幹部を会員とする観光業界で世界最大の民間の国際組織です。
YSCJは、1999年より次世代の育成する目的で発足した会員カテゴリーで、18歳~29歳までの学生、および業界人を対象につくられたもの。現在、約600人が登録されていますが、小規模ながら今回の本校学生77名の入会 韓国、インドネシア、香港、フィリピン、スリランカからの役員参加者 は、単体のクラブとしては、世界最大級の人数となります。

YSCJの発足に際しては、当面の間、本校の学生を中心に、様々な国際交流の場に直接参画することを目的に活動する予定です。
2015年7月4日(土)には、YSCJ発足式を帝国ホテル 東京で開催する予定で、具体的な活動を模索しながら、東京のみならず、名古屋や大阪のスコール・クラブ、さらに他の観光系の専門学校、短期大学、大学、業界人にも、広く門戸を開放していく方針です。発足する年に、アジア地区ベスト ヤング・スコールクラブ賞を受賞したことは、大変な名誉なことでもあります。


無形文化遺産に登録が決定した「和食」

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年06月12日
専門学校日本ホテルスクール、では、本年度よりカリキュラムに採用した「和食」の授業で新宿調理師専門学校上神田梅雄校長による特別講座を4月27日(月)に行いました。
2013年の「和食;日本人の伝統的な食文化のユネスコ無形文化遺産登録決定」を契機に、ますます「和食」に対する意識が国内外で高まっています。

2015年度より昼間部国際ホテル学科の1年生を対象に無形文化遺産にも登録された「和食」を通年授業のカリキュラムで行っています。今回の特別授業は和食に欠かせない出汁を理解するため、学生自身がプロの調理人の本物の出汁を体験し、これまで以上に和食に対して興味を持ってもらうことを目的としています。
特別授業を受けた昼間部ホテル科 Eクラス 授業では、昆布の水出し、鰹出汁、味噌汁などの味の体験を通して、普段食べている料理より繊細で出汁本来の味を実感することができました。そして色の変化や、昆布、鰹の香りに和食ならではの繊細さも感じる事もできました。また、和食の魅力でもある「食材を無駄にしない」出汁を取った昆布を佃煮に、鰹節をふりかけにする事も学び、自宅で作ってみたいという意見が多くありました。上神田校長の料理、和食に対する情熱を感じ、さらに和食の魅力に気付いた授業となりました。


服部栄養専門学校 一日体験入学のご案内

By 服部栄養専門学校 on 2015年03月09日
夢を実現するための第一歩のご案内です。


専門学校日本ホテルスクールが大会3連覇を達成

By 専門学校日本ホテルスクール on 2015年02月25日
専門学校日本ホテルスクール,昼間部ホテル科2年鈴木梨里さんは、ホテル・レストランのプロのサービスパーソンを対象に自身の技能向上とサービスへの意識向上を図ることを目的とした一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会主催「第9回HRSサービスコンクール2015」のカレッジ部門で見事優勝の快挙、金賞を受賞しました。
また、昼間部ブライダル科1年の大竹さくらさんが1年生ながらにして銀賞受賞しました。一昨年に行われた第7回HRSサービスコンクールから今大会までに3連覇を達成しました。

このコンクール(カレッジ部門)の応募資格は、年齢が25歳以下で、第1次審査である課題レポート「世界をリードするおもてなしとは」の書類審査を合格した方です。
昨年末、HRSサービスコンクール2015出場者を決める全学年を対象とした校内予選「専門学校日本ホテルスクールサービス技能コンテスト『JHS杯』」を行い、2年生5名、1年生4名の計9名が本大会に出場することが決まりました。

大会当日は、全国から集まった22名の学生たちが予選競技課題である「フルーツのカービングの盛り合わせ」と「3アイテムのティーテイスティング」に挑戦し、5名の決勝進出が決まりました。
5名うち3名が本校の学生で、会場からは驚きの声と喜びの声が聞こえました。

決勝の競技課題は「サラダグルマンディーズ」と「ノンアルコールカクテル」の作成。
シェイカーを使いノンアルコールカクテル1杯を作成します。そして、テリーヌ型から1人前の肉のテリーヌを切り抜き、用意されている食材を使用してオリジナルサラダを1皿作成します。
サラダ用のドレッシングを作成し、テリーヌ、サラダと合わせて1皿に自身のデザインで盛り付けます。
決勝に進出した3名は緊張した中でも、課題を丁寧かつ手際よく実演していました。

出場した学生たちは、日頃より切磋琢磨しながら練習を積み重ねて本番を迎えましたが、金賞受賞という大きな目標に向かって努力をする姿は本当に素晴らしいものでした。
出場した学生にとって、学生時代の良い思い出となったことでしょう。
第7回、第8回、そして今大会と3年続けて本校の学生が金賞を受賞したことは学生の皆さんの努力があったからこそ達成できたことだと思います。
今回のサービスコンクールでは、教育内容の成果を発揮することができ本校としても大変うれしいニュースです。
お世話になった皆さま方に心から感謝申し上げます。

2017.09.07

産学連携による授業「卒業式袴展示会」
展示会に向けて夜間部ブライダル科2年生が事前準備に取り組んでいます

2016.12.28

2017年4月開設予定の学部・学科入試情報
(東日本地区の主要大学)

2016.07.06

入学後初の現場研修
「ステイマナー宿泊研修」

2016.06.08

2017年3月卒業予定者
ホテル・ブライダル就職内定 続々決定

2015.12.22

学生自身が企画し提案、模擬的にレストランを運営
「レストランマネジメント」1年間の総まとめとしての課題発表会

2015.12.16

無形文化遺産「和食」への興味関心を喚起する「和食体験」
昼・夜間部1年生学校行事「和食体験&ホテル見学」を実施

2015.12.04

全国トリミング・家庭犬訓練競技会/
デザインカットコンテストで
中央動物専門学校が団体優勝

2015.11.26

ヤング・スコール・クラブ・ジャパン
発足により「特別功績賞」を受賞
スコール・クラブ世界大会2015
スペインにて

2015.11.19

ホテル総支配人、企業トップの方を迎え、第24回弁論大会を開催

2015.09.18

英語専攻科2年生によるボランティア活動
世界中のコンシェルジュが集まる「レ・クレドール アジアンコングレス」にて

2015.08.28

ホテル・ブライダル・レストラン業界をめざす高校生197名が全国から集まる!!!
毎年恒例のサマースクールを7月・8月に実施

2015.07.17

日本で初めてヤング・スコールクラブ・ジャパンを結成
初回学生会員77名、業界関係者約50名を招き、帝国ホテルで発足式

2015.07.16

第15回全国高校生☆童話大賞今年も始まる
今年も全国の高校生から多くの応募が期待される

2015.07.10

2016年 春
千葉経済大学短期大学部新校舎誕生
キャンパスが変わります

2015.07.06

2016年3月卒業予定者
ホテル・ブライダル就職内定 続々決定

2015.06.23

入学後初の現場研修
「ステイマナー宿泊研修」

2015.06.12

第44回スコール・クラブ・アジア大会
マニラで開催

2015.06.12

無形文化遺産に登録が決定した「和食」

2015.03.09

服部栄養専門学校 一日体験入学のご案内

2015.02.25

専門学校日本ホテルスクールが大会3連覇を達成

横浜商科大学
2018年度最新入試情報はコチラ
OPEN CAMPUS 2017
実感してみよう
「商学っておもしろい!」
横浜商科大学
横浜商科大学
JTBホテル&トラベルカレッジ
東京コミュニケーションアート専門学校
専門学校 日本ホテルスクール
進学情報誌のお申込み